【漫画 読み放題】無料だけど面白い!おすすめ漫画20選

最近、漫画読んでますか??

 

最近の漫画はパソコンでもスマホでもタブレット端末からでも楽しめるので既に利用している方は多いと思います。

 

今回は、無料で読めるんだけど面白い漫画を20作品ご紹介していきたいと思います。

管理人
まだ読んだことがない漫画がある方、是非この機会に無料で楽しんでみてはいかがでしょうか。寝不足必至です!

続きを読む

【古本・漫画買取価格】とんがり帽子のアトリエ【漫画売るなら!?】

とんがり帽子のアトリエ あらすじ


出典:https://www.amazon.co.jp/

 

小さな村に住んでいる”ココ”。

 

ココは昔から魔法使いにあこがれていました。だけど、生まれたときから魔法が使えない人は魔法使いになることはできないし、魔法をかける瞬間を見てはいけないというのです。

 

ですので、ココは魔法使いになる!という夢を諦めていました。だけど、ある日小さな村を訪れた魔法使いの”キーフリー”が魔法をかけるところを見てしまって・・・!

 

とんがり帽子のアトリエは、ココに訪れた希望と絶望の物語。

 

と言う具合に、 とんがり帽子のアトリエは王道ファンタジーコミックになります。近年稀に見る王道ファンタジーで久しぶりのヒット!!と感じる人も多いと思いますし、実際私もそうでした。全てのファンタジー好きさんに読んでもらいたいコミックです。

 

 

とんがり帽子のアトリエ ツイッターでも話題に?

このコミックが発売されるよりも前に、実はツイッターで とんがり帽子のアトリエが話題になったことをご存知ですか?

 

それはコマです。

 

私自身、全ての漫画を読んだことがあるわけではないのですが、 とんがり帽子のアトリエのコマが斬新だと思いました。斬新だし、面白いし、ありそうでなかったんじゃないかな?というコマ。

 

とんがり帽子のアトリエでは繋がったコマが特徴なんです。

 

この繋がった面白い描写は とんがり帽子のアトリエの1巻で見ることが出来ますし、既にツイッターでは人気となっているのでツイッターでもこのコマを見ることが出来るため気になった方は是非チェックしてみてくださいね。

 

「おお~!!」という感じです。読んでて違和感もなく、だから面白いんだと思いました。

 

 

とんがり帽子のアトリエ 買取査定価格・中古販売価格

とんがり帽子のアトリエ(1巻)買取査定価格:40円~67円
とんがり帽子のアトリエ(1巻)中古販売価格:166円~

漫画買取ネット査定ランキングTOP3 ~漫画買取 評判・流れ・おすすめ~

 

 

作者 白浜鴎その他の作品について

白浜鴎(しらはま かもめ)は日本出身の漫画家です。

 

フリーのイラストレーターとしても活躍中。2015年マーベルコミックスでマンガバリアントカバーを担当。

 

この作者のその他のマンガに、”エニデヴィ”があります。デビュー作。

 

天使と悪魔のキャットファイト!!が謳い文句となるコミックですが、どちらかというとコメディ系かな・・・?という印象のマンガです。

 

とんがり帽子のアトリエ同様、画力はめちゃくちゃ高いししっかり書き込まれているけどでも読みやすい!というマンガです。

 

とんがり帽子のアトリエが好きな人はきっとこちらも面白く読めるのではないかと思います。あと、この人の絵が好きな人も!

 

エニデヴィは天使と悪魔のお話なのですが、どちらもキャラクターが魅力で性格もしっかりとしているので読みやすかったです。

 

が、マンガとしては とんがり帽子のアトリエの方が面白いかな?ストーリーなどもしっかりしていますし。どちらかというと、どたばたコメディの画集を読むような感覚で読めるのがエニデヴィ。絵は本当にきれいです!!

 

 

とんがり帽子のアトリエ 感想

ファンタジーで欠かすことの出来ないのが”魔法”だと思います。

 

とんがり帽子のアトリエの場合、この”魔法”1つにかなり細かい設定がされているようで、非常にとてもめちゃくちゃ細かく描かれています。

 

魔法についての解説もビックリするくらい丁寧に親切に描かれているため、この世界の魔法はどういうものなのかもしっかりと理解しながら読み進めることが出来ました。

 

魔方陣とかも描かれているのですが、こういうのが好きな人はきっと好きなマンガだと思います!大体、ファンタジーコミックとかはこういう設定が投げやりだったりして読者置いてけぼり~というのが多いのですが、 とんがり帽子のアトリエの場合説明が丁寧なので魔法に詳しく(?)ない人でもすんなりとこの世界に入っていけると思いました。

 

物語は本当に本物のTHEファンタジーで王道なのですが、私はこういうコテコテのファンタジーが好きなので とんがり帽子のアトリエも面白いと感じました!が、人によってはこのコテコテのTHEファンタジーがつまらない・・・と感じる人も居るかもしれません。

 

バトル要素だとかそういう邪道なものがない、というか、不純物のないファンタジーを楽しみたい人とか普段の生活に疲れてしまってたまにはマンガで現実逃避を!!という疲れた現代社会に生きる人に是非読んでもらいたいマンガだと思います。

 

 

まとめ

絵が細かく、設定も丁寧かつ親切。王道ファンタジーの とんがり帽子のアトリエ。久しぶりに「これは!!」と思えるマンガに出合いました。

 

全てのマンガを読んでいるわけではないので分からないのですが、コマが違和感なく繋がっている描写はとても斬新に感じましたし、面白いなぁと素直にそう思いました。これは話題になるのも分かる!という感じです!

 

月刊誌での連載となるので、コミック1巻が出るまでにちょっと時間は掛かってしまい続きがとっても気になるのがネック!なのですが、まだまだ出たばかりの新しいマンガでもあるのでこれから読み始める人、是非この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

現在、1巻が絶賛発売中となります!

 

ファンタジー好きさん、王道マンガを読みたい人、そしてキレイな絵で癒されたい~という疲れた現代社会に生きる人にオススメできるコミックです!

【古本・漫画買取価格】アオアシ【漫画売るなら!?】

アオアシとは?

原作・小林有吾、取材・原案協力はスポーツライターの上野直彦によるサッカー漫画です。ビックコミックスピリッツ連載中。

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

2017年マンガ大賞で第4位に入選したマンガになります!Jユースにスポットを当てたマンガで”新しいサッカーマンガ”とも言われています。

続きを読む

■漫画買取査定の際に苦労するシールはがしを簡単に行うコツ

中古で購入した本を、更に中古本として売る!!!

 

これはもう基本ですよね。

 

そしてこの作業でもっとも面倒で厄介なのが、値札シール剥がしです!

 

シールは別に剥がさないでも売れると思います。が、「あ、この人ここで買ってここで売ってるよ(笑)」と思われるとちょっときまずいですし、値札シールが貼ってあるとなんかその値段よりも安く買い叩かれそう(なイメージ)なので、ここはしっかりと綺麗に剥がしていこうと思います!

続きを読む

ブックサプライの漫画買取 評判・口コミ

最近、ネットでの査定やネット買取が流行っています。自宅から1歩も出ることなく、売りたい本や漫画を気軽に査定→売却が出来る上にネット買取は店舗で買取をお願いするよりも高額査定が付きやすいのがポイントです。

 

続きを読む

Vaboo(バブー)の漫画買取 評判・口コミ

今、ネット査定の中でもとくに人気のある買取店がこのVaboo(バブー)なんです!

 

どうしてVaboo(バブー)が人気なのか?Vaboo(バブー)を利用するとどんなメリットがあるのか?

 

今回はVaboo(バブー)の流れやメリット・デメリットなどについて詳しくご紹介していきます!

続きを読む

漫画買取ネット査定ランキングTOP3 ~漫画買取 評判・流れ・おすすめ~

漫画買取ネット査定ランキング

マンガを売るとなれば、近所の古本屋に売りに行くのがデフォでした。

 

ですが最近は、ネットを利用することによってこれまで以上にオトクにマンガを売ることが出来るんです!今流行りのネット査定、です!

 

マンガ買取ネット査定のメリットとデメリット、そしてオススメの買取店についてなどを詳しくご紹介していきます!

 

管理人
読み終わったマンガがいっぱいある方、より高くマンガを買い取って欲しいと考えている方、是非この機会にネット査定を利用してみてはいかがでしょうか。

 

続きを読む

【漫画】デストロ246という漫画が面白すぎて濡れる【中古価格・買取査定】

デストロ246あらすじ

舞台は現代の日本。女子高生の殺し屋同士の戦いを描いているガン・アクションマンガになります。以前、同じ作者のマンガ”Ordinary±”の登場人物も登場していて、このOrdinary±の続編、という面も持っています。

出典:http://sundaygx.com/sakuhin/desutoro246/(試し読み出来ます)

 

実業家である透野隆一は、家族を殺されて復讐の為に生きるように。そして南米の麻薬組織から2人の少女を購入。この2人は殺し屋なのです。

 

透野はこの2人に”翠”と”藍”と名づけて日本に連れて帰ります。この2人は暴力団を襲い、次々に殺害。そこで2人は政府機関の殺し屋である伊万里と出会い、同じ殺し屋として惹かれていきます。

 

そして女子高生の暴力団組長の”苺”と、この苺の同級生兼護衛の”南天””蓮華”とも遭遇。そして「殺し屋殺し」として戦います。

 

管理人
お察しの通り、凶暴で暴力的な少女がたくさん登場するマンガです!

 

続きを読む