古本・漫画ネット買取査定とは ~古本・漫画を売る流れ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

漫画っていつの間にか溜まっていきますよね。「そろそろ整理しなくちゃな~」っていう頃にはもうひとりではどうしようもないくらいの量になっていたりすることも多いです。

 

実際、私は床が見えなくなった頃にやっとその重たい腰を上げて漫画本を整理していました。

 

管理人
が、実は最近もっと簡単にしかも効率よく溜まった漫画本が整理できるのを知って早速実践しています。

古本・漫画ネット買取について

1 古本ネット買取は無料でサービスを受けられる

最近よく使っているのがこの古本ネット買取です!ネット買取というのは、インターネットを使って自宅からいつでも好きな時に宅急便を使って買い取りをお願いする事が出来るという超画期的なシステムです。

 

超良心的だなぁと感じたのは、送料が無料なんです。

 

別に特別な登録とかも必要ないですし、無料でサービスを受けることが出来るというのがこの古本ネット買取なワケなのです。

 

送料が無料ということはつまり、ガソリン代などをかけてわざわざ本を買取店に持っていかなくても、自宅で気軽に買い取ってもらえるという事になります!

 

ですので、本当文字通り”無料”でサービスを受けられるという事になります。

 

あと、本って数冊まとめただけでもかなり重たいんですよね。それを整理するとなれば相当な量になるので、重たい思いを一切しないで済んでしまうのもこの古本・漫画ネット買取のポイントだったりするんです。

 

2 古本・漫画ネット買取は宅配便利用なので楽(着払い)!

さて、この古本ネット買取なのですが基本的に宅急便を利用することになります。

 

宅急便を利用するとなれば普通の荷物だったら送料がかかりますが、古本・漫画ネット買取の場合はこの送料がかからないんです。というのも、送料は”着払い”でオッケーなので、伝票には必要事項を記入してお店の人には「着払いで^^」というだけで済んでしまうわけなのです。

 

ただ、利用するお店によっては宅急便の業者が指定されることもある+買取価格の総額によっては送料が発生することもあるのでこちらは事前に確認をしておくと安心かもしれません。(たとえば、郵便局オンリーだったりヤマトだったりなどなど)。

 

いずれにせよ!宅急便を利用するので持込で買い取ってもらうよりは全然ラクチンです!

 

3 古本・漫画ネット買取は出張買取と違って、気兼ねなく利用できる

出張買取って、売る物によっては「なんかこんな物ばっかりで本当にすみません・・・」とか、ある程度の量がないと出張買取自体を利用できなかったりとか色々神経削るんですよね。

 

私が売りたいのは、もう読まなくなった・読まないであろう漫画本ですし、このネット買取を利用してからは結構頻繁に整理するようになったのでそんなに量も溜まっていないんですよね・・・。だから、こういう人は出張買取よりもネット買取のほうが断然気軽に気兼ねなく利用できると思います!

 

しかも、面と向かって査定を行うわけじゃないので売りたい本と私を交互にまじまじと見られるといった心配も一切ないのがネット・漫画買取査定のメリットです(笑)

 

どんな本でも売りたいと思ったその日に送ってしまうだけで良いのです。

 

 

古本・漫画ネット買取の流れ

1 公式サイトから宅配買取の申込みを行う
2 ダンボールに査定希望の古本を詰める
3 宅配業者に集荷・発送を行う(着払い)
4 査定結果により満足いかなければ返送希望

 

1 公式サイトから宅配買取の申込みを行う

「これはもう読まない」「これを売って新しい漫画を買おう」「引越しするから本を整理しよう」とちょっとでも思った方は是非!今日早速古本ネット買取を行ってみましょう。先ずは公式サイトから宅配買取の申し込みをおこないましょう。箱を取り寄せるところもありますし、箱は何でもオッケーというところもあるのでその辺も自分が使いやすいところを選んでみるといいかも知れません。因みに、急いでいる場合は箱は自分で~、のサイトが早いと思います。また、申し込みを行うときに代金が振り込まれる口座をお知らせする必要があるので口座番号を用意してから入力していくとスムーズなのですよ~。あと、集荷日なんかもここで決めておくと予定も立てやすいですしスムーズです。

 

2 ダンボールに査定希望の古本を詰める

届いた(または用意した)ダンボールの中に査定をお願いしたい古本を詰め込んでいきましょう!この時に、本人確認書類をコピーしたものを同梱するところもあります。サイトによっては、サイトのマイページから本人確認書類を撮影した写真をアップするというところもあります。コピーが面倒とかだるい(私みたいな)人は、アップロードがかなりスムーズでオススメです。
あと、ダンボールに隙間がいっぱい出来そうな場合は新聞紙を適当に丸めたものを入れておくと安心ですよ。クッション材を持っている場合はそちらでも。この梱包ですが、自分の責任の範囲で~となるので、ここでスッカスカな状態で配送をお願いしてしまうと本に余計なキズがついて査定額ダウンの可能性もあるのでしっかり梱包しましょう。

 

3 宅配業者に集荷・発送を行う(着払い)

そして、宅配業者に集荷依頼&発送をしましょう!ここで配送業者の伝票がある場合は、そのまま必要事項を記入して箱にぺたーっと貼るだけで良いのですが、この伝票を持っていないという方は集荷依頼をするときに「伝票もください!」と備考欄などに記入しておくと、伝票だけ先に届けてくれますよー。あるいは、「書き終わるの待ってるんでそのまま集荷しちゃいますね~^^」という事もあります(笑)
ちなみに、この集荷依頼ですがヤマトとかゆうパックとか会員登録をしておくと次回利用するときも集荷依頼がラクチンなので初回で登録しておくことを強く強くオススメします!というのも利用するたびに住所とか電話番号とか入力するの面倒じゃないですか(笑)だからここで登録しておくと後々ラクチンなのですよ。

 

4 査定結果により満足いかなければ返送希望

配送が完了したらあとは査定額を待つだけなのですが、なんか繁忙期?はこの連絡がちょっと遅いような気がします。普段だったら到着して翌日には連絡が来るのですが、4月とか12月とかはちょっとなんか遅いです。考えてみれば、年末年始の大掃除とか引越しとかがあるからこの時期は遅いのかなぁ?という感じです。ですので、急いでいる方はこの時期を避けるとか出来るだけ早めに配送手続きをしてしまうと良いかもしれません
そしてこの査定結果ですが不満な場合は送った本を送り返してもらえます。が、このときの送料はこちら持ちになってしまいます(笑)だから、この送料よりも更に高いお店で売ることが出来ないと返送した分赤字になってしまうので注意が必要だったりします。

 

古本・漫画ネット買取査定とは まとめ

古本ネット買取って本当に簡単でしかも単純作業なので、まだ利用したことがない人はちょっと勿体無いかもですよ!!

申し込んで→詰めて→発送→査定額チェック

 

この4ステップで完了するのですが、家から一歩も出る必要がないですし何よりも重たい本を持たなくても良いのでとても気軽に利用することができます。

管理人
但し、査定額が不満だったら返送手続きをするのですがこの時に売りたい本の相場を知らないとかなり損をしてしまう恐れがあるので、本を売る場合は売りたい本の相場というのを事前にネットでチェックしておくと安心かもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*